読書日記

忘れないように

星野源「知らない」

ほんとうにばたばたしているような二週間であった。

お盆バイトにばたばた、寝坊してばたばた、家をぎりぎりに飛び出しばたばた。

自分の話をすぐにしてしまうので,聞き上手な私の先生の丁寧に慎重に言葉を選ぶ話かたがうらやましいというか、そんな風になりたい.簡単にわかることば、はっきりしたことば、自分の正しいと思うことばをすぐに選んでしまうのは、ファーストフードみたいで、きっと良くない.

 

星野源「知らない」

http://j-lyric.net/artist/a0512cf/l02aecf.html

ばたばたしながらも悲しいことがあったり、ぼんやりと考えたり、忘れたりしていた.バイトの忙しさの切れ目に、ぼんやり考えながらでしか消化できないこともあるのだなぁ、と思った.まだ消化するのに時間がかかりそうだ.バイトの単調な作業は,考え事をする時間に良い

 

 歌い出しのAメロから救いがあるようなことばと、サビのなめらかで優しいメロディーを気に入っており、この二週間ずっと聞いていた.ふとオリンピックを見たり,試合を見ると,一瞬にかける美しさみたいなものにすっと惹かれてしまう.一瞬にかけるための準備を私は今十分にできていないのを自覚している.手段と計画は立てるけど,実行するのは難しい.すぐに時間を忙しい時間で埋めてしまうのはいい癖なのか、悪い癖なのか.